HOME>オススメ情報>避けることのできない脳の老化、悪化させないための対策を知ろう
錠剤

年齢を重ねれば身体も脳も衰える

どんなに元気で健康な人であっても、年齢を重ねていくうちに身体の能力は衰えていきます。個人によって差はありますが、誰もが避けて通ることのできないのが加齢による老化です。そして老化現象は身体に限ったことではなく、内臓をはじめとする体内器官の調子もだんだんと減退していきます。もちろん、脳もその例外ではありません。老化による脳の衰えによって引き起こされるのが、いわゆる物忘れです。しかし、脳の老化にも身体の場合と同様に個人差があります。またさまざまな対策を取ることにより、進行を遅らせることも可能です。物忘れの悪化を予防するためには、2つの重要なポイントがあります。まず脳の血流を良くすること、そして脳に刺激を与えることです。この2点に対して有効な方法を知り上手に活用すれば、脳の衰えを緩やかなものへと変えていくことができます。

脳の衰えは生活習慣の改善で予防できる

物忘れに悩む人たちの多くには、いくつかの共通点があるといわれています。代表的なのが運動の習慣が少ない、生活習慣病の傾向がある、そして人との交流が少ないことです。年齢を重ねれば身体を動かすのも大変ですが、定期的な運動は血流を良くして脳の働きを高めます。少なくとも週に数回、軽めの運動習慣を身につけることが肝心です。また、毎日の食事での栄養バランスも大切です。特に青魚や卵、納豆などには脳に良い栄養素が多く含まれています。不足しがちな場合には、サプリを利用するのも良いでしょう。運動と食事は生活習慣病で重要ですが、脳の血流改善にも大きな役割を果たします。そして、血流と並ぶ物忘れ対策のポイントが脳への刺激です。家族や友人と交流して会話をすることは、とても良い習慣です。また外出して人やものと触れ合ったり、屋内でもパズルやゲームで頭を使うのは脳にとって刺激になります。このように、普段の生活をほんの少し変えてみるだけで始められるのが物忘れ対策です。

広告募集中